自生地へ行く~セツブンソウ~

花旅

人それぞれ、好みの花が違うかと思いますが・・・

花を扱う私が好みを言ってもよいならば・・・日本に自生する花たちが気になります。

ですので、時々、自生地へ赴きます。

今回は、「節分草」

字のごとく、節分の頃に咲くからその名がつけられたとありますが

実際は、もっと後・・関東なら2月下旬から3月初めごろでしょうか?

今年は、暖冬のため開花が早かったようで、慌てて向かいました。

7割くらい咲いていました^^

落葉樹の下・・・南側が開けている斜面に咲いていましたが、

西日の当たらない場所。

自生地に行くと、土の状態も含め、その植物の育ちやすい環境がよくわかります。

直径2㎝ほどの決して華やかな花ではありませんが

この花の魅力は、透明感のある花弁

雄蕊(おしべ)の葯の色のブルーと花火のような蜜腺の黄色のコントラスト

清楚で愛らしい女の子という感じがしています。

キンポウゲ科セツブンソウ属
【学名】Eranthis pinnatifida
【和名】セツブンソウ

新着記事

  • BLOG

    【二十四節気】雨水

    本来ならば、この時季に雪が雨に変わり 氷も溶けて草木が芽を出し始め、農耕

  • 花旅

    自生地へ行く~セツブンソウ~

    人それぞれ、好みの花が違うかと思いますが・・・ 花を扱う私が好みを言って

  • BLOG

    【二十四節気】立春

    庭のスノードロップも咲き始めました 早いもので【立春】 冬の寒さが

  • 寄せ植え

    サロン開設へのお祝い

    サロンのお祝いのオーダーを頂きました。 室内に飾れる紫とかピンクのお花と

  • 寄せ植え

    周年祝い

    周年祝いに観葉植物のオーダーを頂きました。 お届け先は薬局。大きな鉢だと